店長&スタッフ日記

923

第2製造ロットのパラゴン レプリカをお客様へ無事納品いたしました。

この時期の梅雨を心配しながら、雨に濡れることなく納品できたのは、たいへん良かったです。

今回のお客様は、福岡県在住のN様です。隣県なので 直接納品に伺いました。

軽四トラックには、左右ボックスを積み込み、私のワゴン車には、中央のリフレクター板、左右の裏蓋、左右のホーン、左右の前足、その他パーツ、工具等を積み込みました。

パラゴンは巨大で、小さな引越し便くらいのボリュームがあります。

早朝に出発、10時ころに到着しました。

N様と設置作業を行い無事午前中完了いたしました。

N様のパラゴンは、TAD主体のシステムです。

ご使用のユニットは、JBLとは音質が違うと思いますが、現在実質的に入手できるものでは、最高峰の一つです。

音出しについては、次回にレポートします。

 

ご使用のアンプ等は、ラックスMQ-300B,マ-クレビンソンNO.436L,845シングルアンプ、GOTO ユニット SG-160 です。

 パラゴン レプリカを部屋に入れて数日になりました。

毎日聴いていますが、良い音で鳴っていると思います。

重く肥大したような気になる低音は、出ていないです。 

ホーン臭いですが、歯切れのよい低音です。

開口部が狭いので100ヘルツ以下の低音は、カットオフされていますが、ボックスの鳴りでカバーしているようです。

 使用しているJBL K145 は、楽器用で、PAの現場でフロントロードホーンに使用されるユニットですので、パラゴンとも相性が良いと思います。

パラゴンは、中音ドライバーが主役のスピーカーと言われますが正にその通りです。

特に、トランペット、サックス、ピアノ、ドラム、ボーカルなどは、素晴らしい張り出しの音が出ます。

したがって、聴く音楽の傾向がジャズに変わりました。

ソニーのハイレゾ機器を音源にしていますが、特に再現がリアルで臨場感が素晴らしいです。

 

ご試聴 可能です。 

音源は、ハイレゾプレーヤーのみですが、CDもデータを取り込むことが出来ますのでご試聴可能です。

お越しの際は、前もってご連絡下さい。 

  住所 〒 879-1505 大分県 速見郡 日出町 川崎3480-25

  電話 0977-72-8926  

   担当 ノースウエスト トレーディング  佐藤

 

 

やっと完成いたしました。

ユニットを装着して音出しも行いました。

最近は、エベレストレプリカや、LE8Tを聴いてバスレフの低音に慣れていました。

久しぶりに、パラゴンのややホーン臭い強力な音を新鮮に感じました。

最近導入したソニーのハイレゾプレーヤーの音源から試聴しました。

ハイレゾ音源とパラゴンの組合せは、今のところ非常に良い音です。

やはりパラゴンの売りは、中音のドライバーで迫力ある音が出ています。

ややホーン臭い音ですが、不快な締まりのない低音は、出ていません。

今回製造ロットでは、突板にウォルナット材を使用し、塗装は、50%艶有り仕上げを行い、

後足4本は、オリジナルを基にアルミ鋳造を行いました。

1958年のJBL販売の設計図を基に制作しました。

TAD4001ドライバーを装着できるように、片側あたり19ミリ横幅を拡張いたしました。

全体のバランスを考慮して足を約5ミリ高くしています。

 

 

 

ボックス内部に艶消しブラック塗装を行っています。

 特に全面から見える低音ホーンの出口付近は、丁寧に艶消しブラック塗装を行いました。 

この部分は、見える部分なので丁寧に行う必要があるのです。

あと、湿気対策で裏も表もすべて何等かの塗装を行っています。

 

 

 

ここ1週間は、雨模様で塗装作業が停滞しています。

完成が近いのですが、湿度が高いと塗装が失敗するので作業保留です。

今日は、前足を取り付けて、配置を調整しました。

なお、トップコート(上塗り)は、50%艶有り仕上げにします。

 

 

 

 

 

 

 

 

ここ数日は、塗装を行ってます。

同時に金属部品の加工も行っています。

前足は、今回も思うよう形状に削れましたので、流れるようなラインが出ています。

本体に取り付けが本当に楽しみです。

 

 

 

本体の仕上げ工程に入りました。仕上げの準備段階として、突板にプライマー(下塗り)を塗布しました。

前もってオイルステインの色を確認していますが、実際に塗布してみて希望する色が出ているようなので安心いたしました。

 

本日、最後の突板ピースを貼り付けてほぼボックスが組立完了致しました。

明日から塗装と仕上げに移行します。

今回の仕上げは、ウォルナットの木目がくっきり出る仕上げにしようと考えています。

 

リフレクター板に突板を貼っています。なるべく左右対称になるように、突板を配置して貼っています。

センターを中心にして本を開いたように左右対称の配置をしています。しかし木目は全く同じではなく

少々変化しています。

ウォルナット材の木目です。着色すれば、美しい木目がはくっきり出ると思います。

 

2週間ほど別の業務が入りパラゴンレプリカの制作が出来ませんでした。

今日から再開いたしました。

リフレクター板の細部をカットして 本体に取り付けられる状態にしました。

明日から腕の見せ所のべニア貼りを行います。

 

本体の下にリフレクター板を置いています。本体の左右下に溝があってそこにリフレクター板を差し込む

ようになっています。

リフレクター板を 制作しています。4x8版のうす板を18枚くらい使用しました。

薄い部分で3枚重ねを圧縮し、厚い部分は、なんと9枚重ね です。

オリジナル図面の通りの寸法・厚さで制作しています。

1まいの大きさは、幅170センチx高さ70センチ 重さ16キロです。

まだノリが乾いていないのでクランプで締めています。

この後は、さらに、細部を図面通りにカットします。

リフレクター板に貼る予定のウォルナット厚突板です。センターを決めてブックマッチで貼ります。

素晴らしい木目が期待できそうです。

パラゴン レプリカの前足(6本分)のウォルナット材を入手いたしました。

樹種は、ブラックウォルナットです。

突板は、単にウォルナットですが、前足のざいりょうは、ブラックがついていますが、同じ種類の木材のようです。 

マホガニー・チークとウォルナットを合わせて世界の三大銘木と呼ばれています。

少し削ってみたのですが、やはり銘木といわれるだけあって、非常に作業し易い材料です。

削った地肌は、サンドペーパーなどで研磨すると緻密な仕上がりになります。今後の作業楽しみです。

 

 

本体の側板の突板です。良い木目ですが、仕上げでさらに引き立ちます。

 

どれも厚さ60ミリ以上の厚板です。前足の厚さが60ミリなので、厚板が必要です。